神々の系譜と海神族の初期分岐過程

 
 
○記紀神話などに現れる神々には、抽象神(自然神・物神も含み、人間以外のものを神としたもの)と実在神(古代の人間)が混在しており、この区別をきちんと見極めることが、神々の系譜(神統譜)の編集・検討のために必要となる。
 イザナギ・イザナミや天御中主神は抽象神であるが、天照大神(天照御魂神・活玉神。ただし男性神であることに注意)や素盞嗚神(複数の者がこの名で現れている模様だが、端的に日本列島渡来してきた神とすれば、それが天照大神の祖先の「五十猛神」にあたる)は実在神とみられる。
 実際の素盞嗚神は、天照大神の弟ではなく、いわゆる「出雲神族」(意味不明な部分もあるが、大己貴命などの海神族のことか)の祖先でもない。五十猛神は日本列島に渡来してきた天孫族の初祖で、韓地からの移遷年代は紀元1世紀前半頃ではないかとみられる。豊受大神は五十猛神の妻神であるが、海神族系の血を濃厚受けており(櫛名田姫や宗像三女神に通じる面もある)、稲や食物の女神である。
 わが国の神々の系譜は、後世の潤色・変改を大きく受けている面があることに注意したい。
 
○「記紀」とひとくちに言われることが多いが、書の性格はおおいに異なる。『日本書紀』は正式な国史であるし、『古事記』は序文と本文記事が合わないという意味で、広義の偽書であり、その編纂の由来も成立時期も分からない。『古事記』は内容的に見ると、もとは海神族系の人々に伝えられたように思わせる点がある。その成立に関与したと序文に見える「稗田阿禮」なる人物は、実在しないことが序文の記事の偽りにつながる。ただし、『古事記』の内容に疑問があるといっているわけではないし、成立過程に疑義有る『先代旧事本紀』も同様に広義では偽書であるが、両書とも記事・内容には重要なものが少なくない。
 
○神々の古代の後裔氏族諸氏は、祭祀・習俗やトーテム、管掌する職務、保持した地名等々に各々大きな特徴があり、もちろん先祖神の奉斎も基本が明確だから、山祇族、海神族、天孫族という氏族系統の分類はほぼ明確にできる。例えば、海神族には竜蛇信仰が濃厚であるし、天孫族では太陽神・石神や鳥類のトーテミズムが顕著であった。山祇族については、これほど明確ではないが、火神迦具土(カグツチ。火産霊神、香都知命)の信仰も見られる。
 
 以下に、日本列島における王統(邪馬台国・伊都国の王族)と海神族(奴国・葦原中国の王族)の初期の分岐過程で原型とみられる系譜(一部に推定あり)を、試案として掲示しておくことにしたい。神武天皇の活動世代をほぼ二世紀第4四半期として、四世代でほぼ百年経過とみれば、当該系譜の具体的な年代のメドがつくと思われる。なお、天孫族の神統譜は、わが国での始祖神・五十猛神の子、「高魂神(高皇産霊尊、高木神五十狭布魂命)−天照大神(天照御霊大神、生国魂神、活玉命、生島足島神)」と続くが、海神族の先祖の歴代系譜は不明であり、八島士奴美命や大歳神がその祖神と考えられるものの、大己貴神との関係も不明である。

 各種系譜を比較的にあげると、次のようになる。
 A安房忌部の系図「斎部宿祢本系帳」(安房洲宮祠官小野氏所蔵)では、「神魂命─D角凝魂命─C伊佐布魂命─B天底立命─A天背男命─@天日鷲命」と続くが、これが備前国津高郡の田使首の系図(『百家系図』47所収の「難波系図」)では、「C高魂命─B伊久魂命─A天押立命─@陶津耳命」と対応しており、また、「D角凝魂命─C伊狭布魂命─B□□─A天湯川田命─@少彦根命」と三島県主の祖系では記される。
 これら神々をもっとよく知られる神名で表すと、「D五十猛神─C高魂命(高皇産霊尊)─B天照大神─A天津彦根命(天若日子)─@少彦名命」ということになる。これが、わが国天孫族の神統譜であり、五十猛神は素盞嗚神の子とも伝えるが、実際には両者が同神としてよく、日本列島に渡来してきた天孫族の始祖神であった。この場合、「神=人」ということでもある。(ここでは、@〜Dが各々対応する異名同神であることに留意される


   
 
 (2011.11.22 掲上。2012.7.23追補)
  
                             
         ホームへ     古代史トップへ    系譜部トップへ   ようこそへ