天照大神は女性神なのか
                                                宝賀 寿男
 
 一 はじめに
 
  『古事記』『日本書紀』、いわゆる『記・紀』の神話を、いわゆるギリシャ・ローマ神話と同じ性格の「神話」と位置づけ、これについての歴史的視点からの分析を拒否する姿勢が「科学的思考」だという考えが、津田博士以降の歴史学界ではとられてきた。しかし、そのもととなる分析が視野狭窄の議論を基に構成されているのだから、これは一種の思込みといってよい。そこには、東アジアという広域における神話・伝承のあり方を視野に入れていない事情があるからである。古代中国の東夷北狄系の民族にあっては、「天・太陽」を崇敬し、鳥トーテミズムがあり、金属鍛冶精錬に優れた技術をもち、「地域移動」を高所・天からの降下と受けとめる思考があった。だから、神武天皇以降の歴史へとつながる「高天原神話」を、端から「神話」であって虚構である、後世の偽作であると決めつけるのは問題が大きい。神が人であるならば、天空・天上に住んでそこから降臨してくるのはありえないという思考は、いかにも短絡的現代的すぎるものである。当時の古代人の思考のなかで、ものごとを総合的広域的に把握して、そのうえで分析しなければならないということである。
 だからといって、古い昔のことは様々に変容を受けているものであるから、記事そのままに受けとめるのも問題が大きいことはいうまでもない。だから、記紀神話を歴史学的科学的に分析してそれに耐えられるのか、分析の結果が歴史的に意味あるものなのかを冷静に判断すべきことが重要であって、これら検討を「皇国史観」に基づく作業だと決めつけて終わらせるのは、おかしな話である。それで議論が全て終わるわけではない。
 「高天原神話」の主人公の一人が皇祖神とされる「天照大神」である。戦前では、この神の重要性は天皇家の国土統治の淵源をなすものとして重視されてきたが、戦後の古代史にあっても、主に非学究の立場にある一部研究者たちからではあるが、『魏志倭人伝』の卑弥呼に当たる人物として重視されてきた。その代表的な存在が安本美典氏であることは有名である。しかし、「天照大神=卑弥呼」の議論は、「皇国史観」論議をさておいても、結論としてはきわめて問題が大きい、端的にいえば誤りであるということである。
 ここでは、先に拙著『「神武東征」の原像』で記述したことを踏まえて、卑弥呼論議に直接関わる標記のテーマを検討してみることとしたい。
 
 
 二 女神否定の論拠
 
 記紀の描写・記述もあって、天照大神は当然のことのように「女神」と思い込まれてきた。つまり、記紀においては、天照大神が女神として把握され、そういう性格で描写されていて、このことを疑うものではない。最近では、神武天皇実在説をとる皇學館大学名誉教授田中卓博士ですら、女神を原点とする女系天皇容認論(『諸君!』平成十八年三月号)を展開される。
 しかし、多角度から検討してみると、むしろ天照大神の原型は「男神」であったと考えられる。江戸期には天照大神男神説もかなり見られており、津田左右吉博士や最近でも松前健氏、楠戸義昭氏などに男神説が見られる。これらの所説には様々な差異があり、私としても、個別の内容には多少とも異論がないでもないが、結論的には同説である。ここでは、私見の根拠を簡潔に列挙すると、次のようなものである。
 
日本書紀の冒頭は陰陽二元論で始まり、イザナギ・イザナミ二神(諾冊(だくさつ)二尊)による国生みや神々の生成もこれに従っており、国中(くになか)の柱(みはしら)天之御柱)を回る場面では、イザナギを「陽神(をかみ)」、イザナミを「陰神(めかみ)」と呼んでいる。男は陽で、女は陰であり、陽は太陽で、陰は月であるから、天照大神は太陽神であり、本来男でなければならず、月読尊は陰神であり、本来女でなければならないはずである。この対比は、ギリシャ神話でも同じであって、太陽神のアポロと月神のアルテミスの兄妹神の組合せで現れる。
 
太陽は男性として表象されていたために、それに仕える巫女(伊勢斎宮)が処女(未婚女性)でなければならないとされた。この奉仕過程で、日巫女は日神子あるいは日御子へと昇格し、太陽神(の代理)として一体化して表象されるようになったとみられる。天照大神は「大日(おおひるめむち)」とも号されるが、「」は巫女の意味であるので、大日貴は本来は天照大神の妻神であろう。神武即位前紀や『旧事本紀』皇孫本紀では、神武の祖神として、「我天神高皇産霊尊、大日尊」とあげるが、書紀の一本や『旧事本紀』前田本では「大日霊尊」と記すから、これが原型の表記だったものか。その場合、男性神の「オオヒタマ」で天照御魂に通じる。
 
江戸初期の伊勢外宮の神官であった度会延経(わたらい・のぶつね)は、平安後期に大江匡房により朝廷の公事・儀式について書かれた『江家次第(ごうけしだい)』の記述のなかに、「天照大神のご装束一式」への言及があり、この装束一式が「男性の装束」であるとみて、「之ヲ見レバ、天照大神ハ実ハ男神ノコト明ラカナリ」と結論づけている(『内宮男体考証』『国学弁疑』)。
 江戸時代には荻生徂徠・山片蟠桃などから天照大神男神論が言われていたし、伊勢神宮の内宮の本殿真下にあるという高さ1bほどの「心の御柱」(天の御柱)は祭神が男神であることを示すものとされる。この社殿を造るときには、最初に御柱を立て、夜半に土地の娘達により篝火を焚いて秘密神儀を行うといわれる。
 筑紫申真(つくし・のぶざね)氏は、アマテラスの原型は太陽神のアマテルと呼ばれる男性自然神であり、後に性格を変遷させたこと、皇祖神としてのアマテラスは天武・持統天皇によって七世紀後半に造りあげられた大変新しい神だったことを説かれる(『アマテラスの誕生』角川新書158)。
 なお、アマテラスがもとは皇祖神ではない伊勢の土着神であったのが、のちに皇祖神として取り上げられたという説も見られるが、こうした見方は不自然であり、やはり皇祖神の一人であったと考える。
 
東アジアの種族論からいっても、「高天原」(これが『魏志倭人伝』の「邪馬台国」にあたるかどうかは別の議論があるが、これについては安本美典氏とほぼ同説でかまわない)を治めた天皇家の先祖の一族(天孫族)は、東夷の扶余系ツングースと同系の半牧半農種族の流れであって、匈奴などをはじめとする中国北東部に展開した種族では、男系王統という血脈を重視した事情もある。東アジア・西アジアの古代史を見れば、匈奴の黄金氏族に限らず、男系重視の事情が顕著に出てくるし、いわゆる「騎馬民族説」が否定されるのは、日本列島到来の時期から考えて当然のことだとして(崇神や応神の時代になって、日本列島にやって来たはずがなく、渡来時期はそれよりずーっと早い西暦1世紀代か)、古代日本列島の統治部族が東夷系統であったことも否定できない。
 
5 現実に、わが国の天孫族の上古祖系については、『斎部宿祢本系帳』(安房洲宮祠官の小野氏蔵本)などに見られるが、これが意外に認識されていない。その重要な系図の天照大神にあたる位置の者には「天底立命」と記されており、すべて男系でつながる系譜となっている(当然のことながら、途中の世代に女性が単独で入るような系譜は、殆どない)。
 日本の古代氏族について、『姓氏録』など各種の系譜資料からみても、女性を始祖として掲げる氏は皆無であり、天鈿女命を祖とする「猿女君」は職掌の名称であって、氏族ではない(拙稿「猿女君の意義『東アジアの古代文化』第一〇六号〜一〇八号参照)。古代史の学究たちも、古代氏族の系譜研究についてはまじめに研究しないせいか、まるで知見がないか的はずれの見解が殆どであるが、現実の古代史料には「猿女君」を名乗る姓氏の者は誰一人登場しないということである。
 天孫族と東夷同系の種族とみられる高句麗王家では、始祖朱蒙は日光に感精した河伯の娘から卵で産まれたという伝承をもっていた。日本と高句麗との間には、王者の収穫祭が即位式に結びつく点、穀物起源神話や王者の狩猟の習俗などで、両者の王権文化は多くの共通点をもっている(大林太良『東アジアの王権神話』)。このほか、朝鮮半島では、天日矛伝承に見るように、日光による受胎神話が多く見られ、これらは太陽が男神であることを示すものである。
 
「天照」という神は、『延喜式』神名帳では、大和国の城下郡鏡作、城上郡他田、摂津国島下郡新屋、山城国葛野郡木島などの「天照御魂神」を代表に、河内国高安郡の天照大神高座神、丹波国天田郡の天照玉命神、播磨国揖保郡の粒坐(いいぼにます)天照神、対馬国下県郡の阿麻留神などがあり、六国史では『三代実録』に天照真良建雄神、天照御門神、天照高日女神が見える。
 これらのうち、河内国の天照大神高座神は二座であって、いま祭神を天照大神・高皇産霊大神とされるが、これとて元の名を春日戸神とされるので、女神といえるものではない。また、天照真良建雄神は男神、天照高日女神は女神であることが明らかであるが、後者の実態は天若日子の妻神の「高日女」を指すもので、天照高日子に対応する名前である。
 これらの天照神は、物部氏族、鴨県主や伯耆国造などの氏族(いずれも、天照大神の子の天津彦根命の後裔氏族)から祖神として奉斎されたものであり、その大半が天照大神と重なるとしても、その場合にも命名からいって明らかに男神と認識される。

 以上に見るように、「天照大神」の原型が男神であることは疑いなく、従って、女性の卑弥呼に比定されるはずがない(年代的に考えても、神武天皇は卑弥呼よりも若干だけ前代の時期に活動する人物である。「邪馬台国東遷」もなかったということである)。これに限らず、安本美典氏の『記・紀』神話などのの語句理解には、「出雲」「日向」などで、あまりに素朴すぎる理解がかなり見られており、このため、一種の皇国史観として揶揄される要素を含んでいる(安本氏の他説批判には合理的なものが多いが、だからといって、自説が正しいわけでもないことに留意される)。
 
なお、天照大神が女神とされた経緯については、松本善之助氏の推測(『秘められた古代史ホツマタタヘ』)があり、比較的説得的だと思われるので、紹介しておく(※いわゆる「古史・古伝」の偽書性については疑いがないから、これらを史料として取り扱うものではないが、その分析自体はこれとは別問題である)。
 それによると、「女帝第一号だった推古天皇と密接な関係がある」とされ、「にわかに女性が帝位につくということは朝廷内外に非常な抵抗と衝撃を与えないはずはありません。推古天皇自身も何か合理的な支柱を必要としたことでしょう。その意を汲んで作為したのが、馬子と聖徳太子だったと思います。…(中略)…当時はそれを、日本書紀の推古天皇二十八年のところにある天皇記、国記の編纂に求めたのです。そこで試みられたのが天照大神を女性に仕立てるということでした。」(同書六〇〜六一頁
 これに加え、藤原不比等が天武王統の正当性を主張するために『日本書紀』を編纂したという見方もある。すなわち、当時、持統天皇は孫の軽皇子(文武天皇)の天皇即位に執念を燃やしており、不比等は、その意向に答えるべく、女帝から子・孫への天皇継承をことさら正当化すべく天照大神を持統天皇に比定し、女神としたというものである。
 『書紀』の編纂に当たり、日本の神々とその系譜が議論され、天武王統に都合のいいように日本神話が構成・配列されていった可能性もないでもないが、その場合でも、推古女帝が『記・紀』の天照大神のモデルとしての根幹にあったものとみられるから、不比等だけの改編説には疑問がある。とはいえ、持統女帝などの像も、天照大神像に折り込まれたことは考えられなくもない。
  これらの意味で、『記・紀』当時の編纂過程による改編もあった可能性があるが、それよりもこれらの原典史料自体が成立までになんどか改編過程を経てきて、そのなかで、天照大神の女神としての像が次第に形成されてきたと考えられる。そして、契機としては推古女帝の存在や幻となった「皇記、国記」の影響が大きかったのではなかったかと思われる。当然そのなかには四世紀後半の神功皇后や五世紀後葉の飯豊皇女(飯豊青尊)という大王的な人物の存在も無視できない。
 
 
 三 関連する様々なことがら
 
 記紀神話では、天照大神の対立者は弟のスサノヲ神(素盞嗚神)とされ、それが出雲に追放されて、オオナムチ(大己貴神、大国主神)らのいわゆる「出雲神族」の祖となった形で表現されるが、これもまた不思議なことである。 
 記紀神話に見える、いわゆる「出雲」とは、その実態は筑前沿岸部の博多平野にあった「葦原中国」のことであり、オオナムチ(大己貴神)主宰の海神族の国であり、後の出雲国たる島根県ではなかったし、スサノヲ神すなわち五十猛神とは天照大神を含む、わが国天孫族の始祖神であったからである。従って、スサノヲ神は「海を統治する神」でもない、まさに太陽神であった。いわゆる「日向」とは博多平野の西部から怡土地方にかけての地域に存在した、高天原の支分国家であった、からでもある。
 記紀神話の原型把握のためには、祭祀やトーテミズムなどの習俗、種族論を抜きにしてはならないことである。ほぼ原型が残ったものとされる『出雲国風土記』を適切に『記・紀』と対比させれば、いわゆる記紀神話の舞台地域が後の島根県ではないことが明確に分かってくる。どうして、こうした基礎的な作業が的確になされないのであろうか。
 
 先般、工藤隆氏の『古事記の起源』(中公新書1878。2008年刊)を読んだなかで、中国の少数民族のイ族の四川省大涼山地域では、太陽は女性で、月が男性と考えられていることを知った。同書のなかには、福永光司氏の著作『「馬」の文化と「船」の文化』では、中国北方の「馬」の文化では太陽を男性とみなし、南方の「呉越・越の海岸地区」の「船」の文化では太陽が女性として信仰されていたし、沖縄の『おもろ』の創世神話でも太陽神は女性とされた、という記事もある。
 わが国の現存最古の史書とされる『古事記』が偽書であることは、他の箇所でも私は記してきているが、その大きな根拠は、「稗田阿禮」なる人物が実在しなかったことにあり、この名前が見える序文の偽作性と内容が信頼できないことにつながる。従って、『古事記』編纂が天武天皇の勅命でも、国家事業でもなかったことにもなるが、『古事記』の系譜等の記事からみて、同書が海神族系統によって伝えられてきたことが感じられていた。わが国の海神族は中国の少数民族のうちタイ(越)系民族につながるものであるが、イ族はビルマ族と共通する点が多くあるようで、そうすると、この種族はわが国原住の山祇族に通じるのかもしれない。
 天照大神の女性神化には、こうした種族的な影響もあったのかもしれないが、それはともあれ、中国北方の騎馬系民族にあっては太陽神が男性という傾向があったことがここでも言われ、天孫族系の天皇家が女性祖神をメインに仰ぐはずがないということが確認される。
 
 (2010.8.27 掲上。2012.7.21若干追補)
  
                             
         ホームへ     古代史トップへ    系譜部トップへ   ようこそへ